画像置き場

ここはブログパーツとして「他所から引っ張ってくる」必要のある画像なんかを置いてある倉庫みたいなモンです。特に公開する理由もないけど、見たい人だけ御覧ください。せっかくなんで画像に対して「どうでもいい豆知識」を付けておきます。


基本集合写真

ブログ名を「Twenty」に変更した際に作成した「20人」の集合写真。これを機にヘッダーの縦サイズが以前より少し大きくなりました。運営の采配次第ではまだまだ増えます。



ダッシュアフロ

ヘッダーのランダム変更用になんとなく簡単に作った画像。見るたびに格好が変わってる気もするが、赤いロボが一応の戦闘服。OZ3号機。


対大和戦 なので12人です。テクター3人も居るぞ!自キャラ11人呼んでのソロ緊急とかちょと夢見ちゃうな。まずは3人でいいので自キャラ呼べるようにしてくれないかな。


ビブラス観察日記

なんとなく「ランダム表示」の水増しに過去のSSをトリミングしただけ。古いSSなので多分設定3とかの画質だな。


美咲さんアップ

EP4追加のキャラ。設定6での撮影テストに使った画像。キャラ的には神奈さんのお母さん。見た目は10代の頃。シアンさんのような「褐色娘」では無くこれは「日焼け」です。「世界最強の自己中」としてデザインされています。「自分の幸せ」が最優先。理知的で計算高く、抜け目がなく非常にプライドが高い。その性格から後に娘との間に深い確執を産むことにもなる。オートワードが少し意味深で重めです。


笹川夫妻

楓&獅庵 バイクは2030年頃に走ってたらいいなーくらいな思いで「カワサキ」のコンセプトカーの電動二輪。わかりづらいけどマフラーが無いバイク。「原作」での時代背景は2034年頃。ガソリン車は公道を走れない時代設定です。バイクは椿姉さんに貰った物です。


笹川神楽

アフロと神奈さんの娘。近藤家の命名規則的な物で女の子は「生まれ月」にちなんだ名前が付けられるんだが、この子も神奈さんと同じく10月生まれなので神楽となった。苗字が笹川なのは上の笹川夫妻の息子の嫁だからです。実はまだ弟が居ます。性格は基本的に神奈さんに似たので気は強いですが神奈さんほどではないです。構成はレンジャーハンター。ワンポ無双がラクなので基本的には「おすすめクエスト」を走る係になりつつあります。


柏木美雪

神奈と同じクラスにいた地味子。無気力なのか天然なのかいつもぼーっとしてる子です。でも多分やるときはやります。ニックネームは定番ですが「みゆきち」。真面目そうな感じですが授業サボって屋上で寝てたりします。構成はバウンサーフォースで「エレメントバースト」メインの変わり種。変なブーツの実装を虎視眈々と狙っています。


アフロとアイス

大丈夫、無事に着地してミッションには参加しています。


りー!



笹川梛&OZ

楓と獅庵の一人息子。両親に似ず小柄ですが容姿は獅庵さんに似せてあります。好奇心旺盛で知識欲の深い所はどちらにも似なかったようです。遠近両用のOZ1号機、遠距離攻撃特化の2号機、支援型の3号機のスリーマンセルを基準に行動する。

原作元設定ではウィンドウズに変わる「OS」として一般にも広く普及しているオンライン並列処理システムの名称。

構成はハンターブレイバーで「ガンスラッシュ専門」の変態枠。


神奈さん遅刻

遅れてる時は大抵忘れてる人です。


椿&榊

位置的には逆にしたかったけどSSの都合上「椿」が左行っちゃった。右の榊さんが長女で椿さんが次女です。笹川家の伝統として武芸百般を叩きこまれたのはこの二人のみ。基本的に榊さん最強。姉に一度も勝てない事がコンプレックスでもあり誇りでもある、そんな姉妹。


愛ちゃん

PSO2ではバリバリのアタッカーですが原作基準だと戦闘力は皆無。何らかのトラブルに巻き込まれたら大声出したりへたり込んだりの「驚き役」。神奈さんの弟、純一の嫁。一応高校時代はバスケ部のキャプテン。鉄の壁の異名を持つがあくまでバスケの話。ブレイバーやってますがサモナーにしてメロンでも投げてる方が彼女っぽい。ゲーム内では「愛」で登録されてますが「愛」はニックネーム。「愛美(あみ)」が「あいみ」と読まれ「愛みん」と変化したが略された結果「愛」に。大体は神奈さんのせい。実はPSUの時から居たキャラです。表記は「アイ」でしたので、同名のGMが存在していたので出番を自粛。


サカキさん

笹川四姉妹の長女で笹川流の十八代目当主。有事の際には「裏家業」を申し付けられる家柄であったが平和な世の中だった為に特に出番なし。世を乱す悪の組織も人を襲う妖怪も居ませんでした。「こちら側」に来たことで、その戦闘力を遺憾なく発揮している。眼帯は情報端末のモニターです。作中基準で言えば喧嘩が一番強いのは多分この人。PSO2ではハンター×ファイター。慢性的にハンターキューブが枯渇するので出番は意外と多い。


エーちゃん

御門影次、楓のゲーム仲間。ゲームに関してはとにかく妥協を許さない探求者というより完全に変態。アニメも大好き、普通のオタク。高校時代は直帰型帰宅部。ゲーセンか家にいるが結局ゲームしている事には変わりない。ヒーローへの変身願望も強く「こちら側」に来てからはより一層はっちゃけている。


神奈さん

アフロの鬼嫁で高校時代の元教え子。こちら側では「鬼嫁」としてのポジションを確立していますが原作基準だと比較的まともな人物で学業スポーツ共に万能。胸がない事以外は完璧。幼少の頃は親の勧めというか趣味でバレエを習っていたが、中学進学後は空手に転向。バレエで培った柔軟性と強靭なつま先は空手でむしろ真価を発揮、突き蹴りで人を殺せると噂されるに至る。部活はやっていなかったがバスケのフリースローが異常に上手い。ワン・オン・ワンでは愛美に負けたことがないがチームプレイは苦手。愛美には小言が多いが獅庵には甘い。構成はファイターハンターのクリティカル特化でワイズ落としと、下のシアンさんと同じ構成のようでツリーで若干差別化しています。レイドボス戦では出番の多いウチのメイン火力。


シアンさん

楓、神奈とは幼少の頃からの幼なじみ。子供の頃は色白で黒髪ぱっつんのお嬢様タイプだったがそんな幼少時代、楓に好みのタイプの女性を尋ねた所、某アニメ(作中作)のキャラの名を出され強い女がいいと言われ、それを真に受け物理的に強くなる方向に突っ走った。楓の言う強い女というのは意志の強さ的な「内面的な」強さではあったが、剣道部の主将を務めるほどには強くなった。

時代背景的に、遺伝子を操作するサプリが安価に販売されており、毛の色や眼の色、肌の色は後天的に変更可能となっている。(アニメ的な変な髪色を正当化する為の設定)

内面的にも強くなったが、強くなりすぎた故に脆い一面もある。

頭上のゴーグルは情報端末の一種で操作には無色のマニキュアを塗る事で指の位置を認識するシステムが採用されている。これらのヘッドマウントタイプの「大型端末」は既に時代遅れで、一般ではコンタクトレンズタイプの情報端末に移行している時期でもある。楓が同じものを椿から譲り受け、そのレトロ感をいたく気に入っており、わざわざ同じものを中古で探して購入した。作中では頭上ではなく首にかけていますが、どうやってもソッチまで回せなかった。エステのアクセ、もうちょっと「移動」の幅を広げて欲しい物だ。

出番は少なかったがPSUからの続投組。PSUではビーストだったが本作ではヒュマ子に。

PSU時代は「残り物担当」でしたが本作ではファイターハンター構成で神奈さんと「カブり」ではあるが、一方が「盛々」で動けない時のピンチヒッター。基本的に神奈さんが緊急待機でシアンさんでアドバンス走ったりする事が多い気がする。


オリネアさん

絹織音亜子(きぬおりねあこ)略してオリネア。分かりやすいタイプの馬鹿女としてデザインされています。基本的に下の千佳ぽんと美雪の3人組で行動することが多い。原作基準で言うとほぼ出番なし。名前が出てくる程度のモブキャラ扱い。なぜプレイアブルキャラに含まれたのか正直自分でも謎。本来は「コイツラの世代」のみでキャラ構成するつもりだったのが、孫の代まで出てきてしまった為に枠が足りなくなってきた。


小暮千佳(こぐれちか)ニックネームは千佳ぽん。ツンデレキャラのように扱われますが人付き合いが下手なだけです。基本的に面倒くさがりで可能な限り楽な人生を歩みたい願望が強い。学業、スポーツ共に平凡そのもの。地味に面倒見が良くぽややんな美雪と色んな意味で危なっかしい亜子を放っておけない。本編ではほぼ出番なし。後日談では「その他3人組」でエピソードの1つ2つは書いたやりたい。構成はブレイバーバウンサーと茨の道。カタナと弓を6色とかアホだと思う。でもやるんだよ!最後にな。


キリスト様

いや、ほんと、どう扱えばいいんだろうね。この人。一応PSUからの続投組。執筆中の「バックストーリー」中に出番を作るなら「現実」と「オラクル」を繋ぐ超時空存在として扱うしか無い。実は超重要人物?地味に一人で抱えるカンストクラスが一番多い。基本はガンナーであるがレンジャー、ブレイバー、ハンターもこなせる。キャラの個性って意味でも余分なクラスのレベルは上げたくないのだが、この人なら全クラスカンストしていても問題ないかもしれない。


美咲さん

キャラ紹介は上でしたので特に無いです。ゲーム中での話になると、変わり種のファイガンナーって事でしっかり「変態枠」の一人です。



モミジさん

笹川四姉妹の三女。これといって特徴ありません。作中で一番「普通」な人かもしれない。と言うか、現状の「プロット」では出番があるかどうかも怪しい。名前だけ登場してセリフ一切なしとかそんな勢い!主人公の家族なのに!後日談では触れてあげたい。構成はかなりの地雷でフォースハンター。ロッドシュートメインの殴りフォースを模索中。多分途中で諦めて普通の近接職になってそうです。


ツバキさん

実力的には姉の榊と同等かそれ以上のポテンシャルを持つ物の、感情的に動きやすく稽古では姉に勝てた試しがない。男勝りで豪胆な性格。機械いじりとバイクが大好き。家業は姉が継いだので親戚筋の自動車、バイクの整備工場に務める。原作視点だと「四姉妹」の中では一応出番とセリフは一番多いかもしれない。

ゲーム内での構成はハンター×ブレイバーと追加8人の中では比較的まだマシな構成なので普通に動きやすい。




カタギリさんとアフロ

学生時代のスナップを添えて。後ろの女子は榊さんです。(学年的には一個下)

性格的には正反対の二人だが不思議と馬の合う二人。ストーキー事、西岡は真面目が服を着て歩いているような存在(アフロは校則違反ではありません)で部活は柔道で団体戦県大会二位の実力。兄が二人、妹が一人、兄は自衛官に警察官、妹と父親は学校の教師と公務員一家。

片桐はアホの不良生徒。ただ筋だけは通っている根はいい男で、将来の夢は教師になる事、アフロの手助けでギリギリ大学受験には成功する。歳の離れた弟が一人おり、実は子供好き。

同じくアフロも教師となるが、片桐は小学校の先生でアフロは高校の先生であった。後に小学校に上がったアフロの娘、神楽の担任となる。学生時代の姿ですが、本来は色黒で金髪、安っぽいアクセサリなど、ちょっと昔の不良のテンプレみたいな格好だったがこんなネタの為にエステパス使ってまた元に戻す訳にも行かなかったので割愛。

アフロと神奈の結婚式では友人代表スピーチを任される。余談だが新郎の友人席は柔道部の後輩だらけで非常に暑苦しかったという。

構成上は二人共にテクターメイン。カタギリがサブブレイバーの両立派でアフロはサブバウンサーの補助特化。


美咲の「婿」で神奈、純一の父。稼ぎのいい妻に頼り切りの紐というか、専業主夫。名前に「一」の字が入るのは寺沢家の伝統であったが、そのまま近藤家の男児に引き継がれた。若いころは美咲とは遠距離恋愛の形となり、様々な職種を転々とし無駄な知識を広く浅く習得する。後に形だけの自営業で店主となる。原作設定では最終的に非常に重要な役割を担う。

構成はテクターハンターと殴りテクターのテンプレ構成。


報酬期間用オビA


格ゲー風味。逃げる気全開のアフロに殺す気満々の神奈さん。


報酬期間用オビB


桜姉さん

「あかりショートヘア」では後々動画のレギュレーション違反になりそうなので髪型を変更。牛マンマフラーはボーダーブレイク方面なのでセガコラボって事でOKよね?笹川四姉妹の四女。厳密には弟がいるので末っ子ではないが、狡猾で計算高く甘え上手な「末っ子特有のアビリティー」は高いレベルで習熟している。メインクラスはサモナーブレイバー。一応ファイターも育成中。


純くん

PSUからの続投組。PSU同様に貴重な沼男枠でメインクラスはフォーステクター。キャラ造形が割とコロコロと変わってきたが、原作基準の容姿として神奈さん似の少し小柄な少年ってポジションで落ち着いた。普段着にしているユーマレプカもシャイニングコラボだからコレもOKだよな・・・


記事の最下層用のバナー。毎回貼っつけると容量の無駄遣いなのでコレを「コード」で使い回し。


梛とOZ

パーツやカラーリングを変更(衝動買い)したのでMark2って事で。中の人だけ気持ちアイアンマン風味。


笹川楓

ここまで「ランダムヘッダー」としてこれで「31枚目」。にも関わらず、一応の「主役単品」がここまで無かった事に驚いたわー。他とセットでちょいちょい出てたので「それでいいかな?」とも思いつつ。PSU時代は「大家さん」というポジションで名前は「キティー」でしたが、当時から本名として「笹川楓」の名はありましたし、動画での初登場の際にも「笹川さん」として出てきていたのと、かなり古い動画、PSU2周年くらいの時のネタ部分で「ライジング斬」のOPパロを作った際にも「監督」として嘘テロップにその名前が出てきています。

公開中の「本編」小説では主人公に抜擢、その流れでコッチに来ているのでコイツは「4代目」って事で割としっかりしている楓です。



Blogger側の不具合でイメージガジェットが使えなくなったのでココに貼って引っ張る。

0 件のコメント:

コメントを投稿